2022年にダンガンロンパの開発者から来たメイドインアビスアクションRPG

"メイドインアビス" (画像クレジット:Spike Chunsoft)

ダンガンロンパの開発者であるスパイク・チュンソフトは、人気のアニメやマンガのシリーズ「メイドインアビス」をベースにしたアクションRPGに取り組んでおり、2022年にPS4、Nintendo Switch、PC(Steam)に登場します。

Made in Abyss:Binary Star Falling Into Darknessは、2つの異なるプレイ可能なストーリーを提供します。 1つは、アニメの最初のシーズンのイベントに続き、主人公のリコとレグの降下を、一見底なしの深淵の危険と不思議に記録します。ゲームの最初のスクリーンショットはこのストーリーに焦点を当てており、最愛のナナチを含むシリーズのいくつかの象徴的なシーン、生き物、キャラクターが登場しています。アニメの声優はゲームでの役割を再演するので、カットシーンや会話はファンの楽しみになるはずです。

画像1/6

"メイドインアビス"

(画像クレジット:Spike Chunsoft)画像2/6

"メイドインアビス"

(画像クレジット:Spike Chunsoft)画像3/6

"メイドインアビス"

(画像クレジット:Spike Chunsoft)画像4/6

"メイドインアビス"

(画像クレジット:Spike Chunsoft)画像5/6

"メイドインアビス"

(画像クレジット:Spike Chunsoft)画像6/6

"メイドインアビス"

(画像クレジット:Spike Chunsoft)

これらのスクリーンショットは、近接戦闘(リコが象徴的なつるはしを振る)、空腹やエネルギーなどのサバイバルゲームスタイルのリソースメーター、メイドインアビスゲームに期待する深度ゲージを示しています。元の物語の重要な危険の1つは、深淵で上昇すると痛みを伴う苦痛が生じ、深くなるほど悪化し、ほんの数歩上に行くだけで本当の深さであなたを殺すことができるという事実です。これがゲームの仕組みとしてどのように適用され、探索に使われるかを見るのは興味深いでしょう。

もう1つのストーリーは、新しいキャラクター(おそらくタイトルアートの金髪と青髪のデュオ)と、シリーズ作家のつくしあきひとが監督したオリジナルストーリーを特徴としています。この話は、リコとレグが最初に旅に出てから数日後に取り上げられますが、今のところ私たちが知っているのはそれだけです。

デーモンスレイヤーゲームは今年後半に最終世代と現在の世代のコンソールに登場しますが、欧米ではまだ確認されていません。< / em>

また読む  PUBGLiteはまもなくシャットダウンします
また読む  実在の写真家が説明するゴッド・オブ・ウォーの写真モード