元ゴーストワイヤー:東京クリエイティブディレクター秀村村は新しいゲームスタジオが見えないことを発表します

"中村像は目に見えない発表ビデオ" (画像クレジット:見えない)

中村Ikumiは、YouTubeにアップロードされた映画のトレーラーを介してUnseenという独自のゲームスタジオをオープンしたことを発表しました。

ビデオ(新しいタブで開く)では、中村は日本の風光明媚な地域を歩いて、彼女のキャリア、パンデミック中の生活、目に見えない未来を語っているのを見ることができます。 「パンデミックが襲ったとき、私の世界観は変わりました」中村は回想します。

「結局、私は心配する必要はありませんでした」と中村は付け加えます。今年の独自のスタジオを作成する前に、岡山、ベヨネッタ、ザビル内、その続編、ゴーストワイヤー:東京など、多くのプロジェクトの開発を支援しました。

中村はまた、ベセスダ(Tango GameWorks Parent Company)2019 E3プレゼンテーションで、Ghostwire:Tokyoを世界に紹介し、ゲームとゲームイベントに向けた興奮で全員を魅了しました。ビデオでは、中村は次のように述べています。「私はゲームの作成者です。幸いなことに、多くの人がE3でのスポットライトのために私を知っています。」

スタジオについてはまだあまり知られていませんが、それは東京に拠点を置いており、元Ubisoft、Capcom、Moon Studiosの従業員を含むさまざまなバックグラウンドのスタッフで構成されています。 Unseenが発表した声明によると、「東京スタジオはターミナルとして機能し、異なる文化が交差する場所、アーティストが集まる場所です。私たちの目的は、ビデオゲームの領域を超えて超越することです。」

ビデオで新しいチームについて話し合うと、中村は次のように説明しています。「私はこれまでに経験したことのない方法でチームを構築しています。スタジオのTwitterアカウントを介して、Nakamuraと残りの部分に追いつくことができます。 (新しいタブで開きます)

今年のゲームで他に何が期待できるか知りたいですか? 新しいゲーム2022 リストをご覧ください。

"ベリンガムを願っています" ベリンガムを願っています

  • (新しいタブで開きます)

ニュースライター

大学で映画研究とクリエイティブライティングを学んだ後、私は幸運にもプレーヤー2 PRでインターンとして仕事を獲得し、多くのインディータイトルをリリースするのを手伝いました。その後、Gamesradar+で研修生のニュースライターになったとき、私はさらに幸運に恵まれ、その後、1年半のトレーニングの後、本格的なニュースライターに昇進しました。私の専門知識は、動物の交差点、新しい地平線、居心地の良いインド、そして私たちの最後ですが、特にキングダムハーツシリーズにあります。また、エンターテインメントチームの奇妙な韓国ドラマについて時々書くことも知られています。

また読む  ボスを倒して土地を征服するための10エルデンリングのヒント