ソルトバーン』のエメラルド・フェネル監督、『プロミシング・ヤング・ウーマン』の続篇がヴァンパイア映画である理由

脚本家兼監督のエメラルド・フェネルとのインタビューは、私が期待していたようには始まりませんでした。 彼女の最新作『ソルトバーン』はジェットコースターのような作品だとコメントした後、オスカー受賞監督である彼女は私に、どのテーマパークの乗り物に例えるかと尋ねてきたのです。 私はジェットコースターがあまり好きではないのですが、そのゴシックな設定と第3幕のひねりのおかげで、最終的にアルトン・タワーズの『サーティーン』に決めました。 リース・ウィザースプーンが出演した『フィアー』を観た? 90年代のスリラー映画で、彼女のキャラクターがジェットコースターで指をくわえられるという、10代の私にとって重要なシーンがあるの。 ソルトバーンもそういう乗り物だといいわね」。

私はまだ90年代のカルト的な人気作に追いついていないけれど、YouTubeでそのシーンをざっと見ただけで、フェネルの望みが達成されたことが確認できた。 2006年を舞台に、バリー・キーガン演じるオリバー・クイックが、魅力的で貴族的なフェリックス・キャットン(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、忘れられないひと夏を過ごすために、彼の家族の豪華な家ソルトバーンに招待されるまでを追った物語。 しかし、ソルトバーンで過ごせば過ごすほど、クイックはキャットン・ファミリー、特にフェリックスに夢中になり、完全に虜になっていく……。

夜の生き物

ソルトバーン

(画像クレジット:ワーナー・ブラザース)

フェネルがポッドキャスト「Inside Total Film」やGamesRadar+で語っているように、オリヴァーは「あらゆる方法で、つまりあなたが誰かを愛することができる考えられるあらゆる方法で、フェリックスを愛している」のであり、その気持ちは危険なほどすべてを飲み込んでしまいます。 その感覚はオリバーを突き動かし、間違いなく観客に衝撃を与えるような行動に走らせます。ネタバレにならない程度に、バスタブを使ったある瞬間にご注目ください。 これらのシーンは確かに見るに耐えないものですが、フェネル監督は決してショックのためではないと強調しています。 この映画の多くは欲望に対する問いかけです。 この種の愛には反発の要素が必要で、オリバーが感じていることを私たちが感じ、それを理解するためには、肉体的に反応する必要があります。 私たちは、不快感、セクシーさ、難しさ、気持ち悪さなど、肉体的な体験をさせるために多くの作業をしました。 スポットが弾ける感覚、気持ち悪い快感について多くのことを考えました。

私はスポットを弾く感覚について多くのことを考えました – 気持ち悪い喜び。

オリバーの変態的な行動は狼狽させ、恐怖を煽ります。『ソルトバーン』はサイコ・ブラック・コメディと銘打たれていますが、ホラー映画であるとも簡単に言えるでしょう。 私が大好きなゴシック映画とは、ゴシック・ロマンスがゴシック・ホラーであるということで、この2つは同じものなのです。 私の素晴らしい撮影監督であるライナス(・サンドグレン)と初めて話したとき、この映画が私に感じさせるものを表現するのにどんな言葉を使うかと聞かれ、”ヴァンパイア “と答えました。

フェネルの言う通り、登場人物の誰にも牙はないけれど、彼らは皆、何かから命を吸い取る夜の吸血鬼。 特にオリバーは、奇妙でミステリアスなアウトサイダーで、すっかり心を奪われている人々から血を引いています。 彼はソルトバーンの暗く曲がりくねった廊下に出没し、豪華でありながら堂々とした邸宅は、このセックスと権力のゴシック物語の完璧な舞台となるのです。

ソルトバーンで迷子に

バリー・キョーガン in ソルトバーン

(画像クレジット:MGM)

この物語をイギリスの田舎の屋敷に設定したことで、『ブライズヘッド再訪』や『ゴー・ビトゥイーン』と比較されるのは当然。 フェネルは、自分の映画が「ある夏のカントリーハウスでの出来事」というイギリス特有のジャンルに当てはまることを認めつつも、国際的な魅力もあると思うと強調。 結局のところ、この国の階級制度は非常に異なっていますが、世界中には金持ちに対する不健康な憧れがあります。

「権力、階級、セックスについて話しているのですから、この映画はカーダシアン家の屋敷やハンプトンズに存在してもおかしくないのですが、イギリス貴族について言えることは、私たちが以前に見た映画のおかげで、人々はそのルールを知っているということです。 私たちは皆、入門レベルの知識を持っているので、オリバーが朝食を台無しにしたことを一目見ただけでわかります。 すべてが馴染み深いものですが、このジャンルでは抑制されていることが、ここではあからさまになります – 誰も私たちを見ていないときに私たちが何をしているかを見ているのですから。

生意気、生意気

ソルトバーン

(画像クレジット:MGM/ワーナー・ブラザース)

誰も見ていないと思っているときに私たちがすることのひとつは、ブギーをすることです。正直言って、”誰も見ていないように踊れ “という有名なことわざには理由があります! ソルトバーンでは、ソフィー・エリス=ベクスターの「Murder on the Dancefloor」から、ガールズ・アラウドの名曲「Sound of the Underground」まで、2000年代を代表するヒット曲のポップなサウンドトラックにのって、ブギまくることができるのです。 The Cheeky Girlsのクリスマス・バンガー「Have A Cheeky Christmas」も収録。

フェネルの驚くべき前作『Promising Young Woman』をご存知の方なら、彼女の映画製作において音楽が重要な役割を果たしていることをご存じでしょう。 パリス・ヒルトンの’Stars Are Blind’に合わせたあの素晴らしいシーンを忘れる人はいないでしょう! 映画監督にサウンドトラックについて尋ねると、フェンネルは、ポップ・ソングを取り入れるという彼女の選択が、映画界に存在する奇妙な態度を物語って、これほど大きな話題になっていることに少々驚いていると言います。

“It’s interesting as we have this thing now where we expect movies to exist outside of pop culture – they live in a world where nobody is drinking Coca Cola or wearing Nikes. But even the most basic levels of our lives are branded. For me, it feels crazy to make a film which doesn’t acknowledge that or the audience’s relationship with it. Our relationship with every single thing on the screen is made up from pop culture references and personal ones. So, the moment you hear The Cheeky Girls, it takes you back to a very specific time. It’s a great song which tells you about the characters, but as an audience you have a personal relationship with it too. It takes you to your own place and you can never get away from that stuff nor would I ever want you to .Thats what I like about making films. Also, ‘touch my bum, this is life’ – that’s Shakespeare! It’s better than Shakespeare actually!” まあ、彼女の意見に同意せずにはいられないわ。

フェネルとのインタビューの続きは、インサイド・トータル・フィルムのポッドキャスト、今週のエピソードで聞くことができます。

ソルトバーン』は現在公開中。 2023年以降に公開される映画については、2023年以降に公開される最もエキサイティングな映画のガイドをご覧ください。

また読む  コブウェブ』監督、『コラライン』の影響、"外科医 "リジー・キャプランとの仕事、そして "スノーグローブ "の物語を語るのが好きな理由とは?
Frenk Rodriguez
Frenk Rodriguez
こんにちは、私の名前はFrenk Rodriguezです。私は経験豊富なライターで、文章を通して明確かつ効果的にコミュニケーションをとる能力に長けています。ゲーム業界を深く理解し、最新のトレンドやテクノロジーに通じています。細部にこだわり、ゲームを正確に分析・評価することができ、客観性と公平性を持って仕事に取り組んでいます。また、クリエイティブで革新的な視点をもって執筆や分析を行い、読者に魅力的で興味深いガイドとレビューを提供することができます。これらの資質により、私はゲーム業界において信頼できる情報源となり、洞察力を高めることができました。