イメージコミックスは来年30歳になります:何が来るのか(そして何が来るのか)の展望

"イメージユナイテッド#2バリアントカバー" (画像クレジット:Greg Capullo(イメージコミック))

イメージコミックスは2022年に30周年を迎えます。そうです、クリエイターが所有するコミックの要塞が、自分たちのために働き、独自のコミックブックを所有するというビジョンを持った7人の著名なマーベルコミッククリエイターによって立ち上げられてから約30年になります。 。では、何が計画されているのでしょうか。

計画の全幅が後日延期されている間、Newsaramaは2つのプロジェクトを確認しました-そしていくつかの長い廃刊コミックのヒントが戻ってくる可能性があります。

"公式イメージコミックのタイムライン"

(画像クレジット:イメージコミック)

イメージコミックの実際の30周年は、2022年4月(ヤングブラッド#1がデビューした月)までではありませんが、共同創設者兼副社長のジムバレンチノは、2022年2月に出版される本「公式イメージコミックタイムライン」に取り組んでいます。 。

バレンチノは2022年に彼のシャドウホークシリーズを復活させることについても話しましたが、詳細は明らかにされていません。

これはまた、創設者からのイメージコミックの最初の波の利用可能性(またはその欠如)をもたらします。 Spawn、Savage Dragon、さらにはWildc.a.t.sの最初の号がウェットワークス(DCのおかげで)は、印刷コレクションやデジタル版で比較的利用できるようになりました。Youngblood#1、Shadowhawk#1、Cyber​​ Force#1などの他のイメージコミックの発売タイトルは、バックナンバーのビンでのみ利用できます。

"サイバーフォース#1"

(画像クレジット:マークシルヴェストリ/ジョーキオディ(イメージコミック))

それは、90年代の他の初期のイメージコミックに言及する前です。

私たちはこれをスティーブンソンに持ち込みました。スティーブンソンは90年代初頭にバレンチノのアシスタントとしてコミックに参入し、初期のイメージコミックが再び利用可能になる可能性について話しました。

「そのようなもののいくつかは作業中ですが、クリエイターがImageに関連付けられなくなった場合、私たちは彼らのバックカタログを管理しません」とStephensonはNewsaramaに語ります。 「私たちはそのようなものを所有していません、クリエイターは持っています、そしてあなたが次のようなものを見れば…。キース・ギッフェンのトレンチャー、ええ、ええ、そうです、そのようなもののトレードペーパーバックを持っていることはクールです、そしてそれがあったらそれはクールでしょうデジタルで利用できますが、それはキースの呼びかけであり、私たちの呼びかけではありません。」

ブーム!スタジオは2005年にトレンチャーの最初の4号を収集しましたが、その巻は絶版であり、デジタルでは入手できません。

Newsaramaが学んだように、一部の古い漫画本をデジタルで、または印刷物の再リリースでさえも再版する能力は、場合によっては、元のアート、ファイル、および/または映画がそれらのオリジナルの印刷物はもう利用できません。そのような場合、実際の漫画から漫画をスキャンして復元することが唯一の現実的な方法であり、時間と費用のかかるプロセスです。

しかし、そうは言っても、スティーブンソンはニューサラマに、古典的な漫画を将来の世代(そして別の形式で購入したい私たち)が利用できるようにすることが彼の心にあると語っています。

「ええ、それは重要だと思います」と彼は言います。 「来年30周年を迎えるにあたり、それが浮かび上がってきました。うまくいけば、そのすべての資料が何らかの形式で利用できるようになるでしょう。」

そして、イメージコミックの30年のお祝いは、30年前のキャラクターの領域であるだけでなく、30年からの最大の復活の可能性もあることを忘れないでください。ウォーキング・デッドがティリー・ウォルデンのクレメンタインシリーズの新しい漫画で戻ってくることはすでに知っています。ブライアン・K・ヴォーンとフィオナ・ステイプルズの佐賀は、元々イメージの20周年にデビューした後、まだ地平線上にあります。

それだけでは不十分な場合は、Image Comics&SkyboundEntertainmentも2022年のクルーズ船でのコミックコンベンションの可能性を検討しています。

また読む  史上最高のガーディアンズ・オブ・ギャラクシー コミック ストーリー