PlayStationはPlayat Homeを通じて6000万のゲームを提供しましたが、それ以上のことができるかもしれません。

"ホライゾンゼロドーン" (画像クレジット:ゲリラゲームズ/ソニー)

ジムライアンによると、プレイステーションプレイアットホームイニシアチブは、世界中のプレーヤーに6000万の無料ゲームを分配しました。

PlayStation CEOは、GamesIndustry.bizが共有するGI Live:Londonカンファレンスでの炉辺談話インタビューで、プログラムについて話し合い、2020年と2021年の封鎖を通じてPS4とPS5の所有者に無料ゲームを配りました。

Horizo​​n Zero Dawn、Ratchet&Clank PS4、Uncharted:The Nathan Drake Collectionなどのゲームのセレクションが、パンデミックの封鎖中に隣人のジェスチャーとしてプレイヤーに提供されました。それらをプレイし続けるために継続的なサブスクリプションさえ必要とせず、無料のPSPlusゲームよりもさらに無料になります。

「誰もが最初の封鎖に苦しんでいたので、それは私たちを驚かせました。これは良いことだと思いました」とライアンは言いました。 「私たちはそれを行うことができ、反応に非常に満足しました。それから私たちはクリスマスを乗り越え、再び封鎖を開始しました、そして皆…それは少し悲惨でした。私たちはリプライするのはいいことだと思いました。ですから、もう一度やり直しました。今回は数か月に渡って広がり、実際にはその活動の一環として6000万のゲームが引き換えられました。」

封鎖措置が世界中で解除されたため、無料のオファーはその後期限切れになりましたが、物事が反対方向に戻り始めた場合、ライアンは「もう一度やらなければならないと感じるかもしれません」と述べました。確かに、パンデミックが悪化して無料ゲームを増やすことを期待するのは非常に悪いことですが、少なくともPlay At Homeは、それ以外の困難な時期の明るい場所でした。

無料で入手できない場合でも、これらの今後のPS5ゲームを楽しみにしています。

また読む  Back 4 Bloodトレーラーは、新しい協力プレイの課題とロードアウトを披露します
また読む  Back 4 Bloodトレーラーは、新しい協力プレイの課題とロードアウトを披露します