Ghost of Tsushima Director’s Cutは、バグ修正のスレートの新しいアップデートを取得します

"対馬の幽霊:壱岐島" (画像クレジット:Sucker Punch)

ゲームのディレクターズカットバージョン全体のバグと不具合を修正するために、最新のGhost ofTsushimaアップデートがここにあります。

今週の12月13日、Sucker Punchは、Ghost of Tsushima:Director’sCutのアップデートが数日中に利用可能になると発表しました。このアップデートは12月16日現在公開されており、主にベースゲームとオンラインレジェンドモードの両方で多数のバグと不具合を修正することを目的としています。

今後、#GhostOfTsushimaのパッチ2.14をリリースする予定です。このパッチには、Ghost of Tsushima:Mists of Yagata、ハンターの能力、ストーリーミッションのウェイポイントなどに影響する問題のバグ修正が含まれています。ここで完全なパッチノートを参照してください:https://t.co/duIl5AmKpOpic.twitter.com/mLUsfeGXjED2021年12月13日

続きを見る

たとえば、レジ​​ェンドでプレイヤーがオンラインでミュートを解除できないバグや、レジェンドストーリーミッションで残りの数人の敵の上にウェイポイントが表示されないバグの修正があります。さらに、Sucker Punchのゲームのベースバージョンから修正されたゲームプレイのバグがいくつかあります。これには、風のスタンスが槍を振るう敵に対して正しい量のダメージを与えないことが含まれます。

Sucker Punchのパッチノートの完全なリストについては、すぐ下の完全なリストを確認できます。

  • Mists ofYagataがチームメイトを正しく回復できないバグを修正しました。
  • ハンターの爆発的な矢またはよろめく矢の能力が正しくトリガーされないことがあるバグを修正しました。
  • 爆弾パックを持っているときにプレイヤーが攻撃された場合に時々スタンロックを引き起こすバグを修正しました。
  • 毎週のナイトメアモディファイアの説明を追加しました。
  • KenjiのSharedBrew and Healing Gourds with Resolveゲインは、完全な健康状態でも使用できるようになりました。
  • LegendsStoryミッションで最後に残った敵の上にウェイポイントが表示されないバグを修正しました。
  • 威嚇カウンターが正しい量のダメージを与えないバグを修正しました。
  • プレイヤーが自分自身のミュートを解除できないバグを修正しました。
  • 槍の敵に対するウィンドスタンスによるよろめきダメージを増やします。

Ghost ofTsushimaのヒント | Ghost ofTsushimaマップ | Ghost ofTsushimaの最高の鎧 | Ghost ofTsushimaの最高のスキル | Ghost ofTsushimaの最高の魅力 | ツシマミシックテイルズの幽霊 | ゴーストオブツシマの長さ | 対馬神社の幽霊 | ツシマバンブーストライクのゴースト | 対馬決闘の幽霊 | 対馬温泉の幽霊 | ツシマフォックスデンスの幽霊 | 対馬小松鍛冶の幽霊 | ゴーストオブツシマでグラップリングフックを入手する方法 | 対馬の幽霊 | GhostofTsushima用品 | 対馬の幽霊がリーダーを観察

また読む  Diablo 2:Resurrectedは、8月のベータ版に先立ち、アート、スタッシュ、ミニマップなどを改善します