(画像クレジット:ソニー)

デモンズソウルがPS5に登場し、ブルーポイントゲームの開発者が冒険からお気に入りのボスを選択しました.

ソニーインタラクティブエンタテインメントワールドワイドスタジオのクリエイティブディレクターであるギャビンムーアは、本日早くにプレイステーションブログに投稿し、ブルーポイントゲームの担当者にお気に入りのボスを選ぶよう呼びかけました。ムーア自身が選択を開始し、その「致命的で印象的な攻撃」と「驚くべき銀の鎧」のために、デモンズソウルから彼の個人的なお気に入りのボスとしてペネトレーターを選択します。

次は、SIEワールドワイドスタジオのエグゼクティブプロデューサー、朝倉康隆です。朝倉は、悪魔の魂のリメイクで彼のお気に入りのボスとしてオールドモンクを指して、その人間のような性質と毎回少し違う戦いをするランダムな変数を賞賛します.

ブルーポイントゲームの社長であるマルコスラッシュは、彼のお気に入りのデモンズソウルのボスとして威圧的なストームキングを選択します。ボス自体の壮大な性質を強調し、スラッシュはボスエリアをソウルを耕作するための素晴らしい場所として賞賛しています(ゲームの特定の時点で間違いなく頼りになるものです)。 SIEのインディーズヘッドである吉田修平も、ストームキングをゲームの個人的なお気に入りのボスとして選びました。彼が最初にボスに直面したとき、彼の顎は床に残っていたと言いました。.

ブルーポイントゲームのCTOであるピーターダルトンは、メイデンアストレアは彼女自身のリーグに属しており、特に戦いに勝った後、彼女の最終ラインは長い間彼に固執していると言います。最後に、BluepointのアートディレクターであるMark Sheltonが、Flamelurkerをデモンズソウルで最も手ごわいボスとして選び、特にスキルと準備をテストします。.

あなたがまだボレタリア王国を通り抜けているなら PS5, 私たちに向かいます デモンズソウルのボス ゲーム内のすべてのボスを殺す方法に関する重要な情報のガイド.

また読む  ヤクザ7の実践:ドラゴンのように、最もワイルドで危険なヤクザゲーム