"FF7" (画像クレジット:スクウェア・エニックス)

ファイナルファンタジー7リメイクパート2は野村哲也監督ではなくなります。

前編のメインディレクターだった野村は、ファイナルファンタジー7リメイクプロジェクトの前編の共同監督だった浜口直樹にマントを譲ります。

PS5向けファイナルファンタジー7リメイクインターグレードの最近の発表と多数の新しいモバイルゲームに続いて、野村はファミ通とプロジェクトのディレクターを辞任するが、彼はまだのクリエイティブディレクターとしての役割を持っているというニュースを共有しましたシリーズ。

ソニーのStateof Play放送中に、ファイナルファンタジー7リメイクのこの章では、キャラクターYuffieに焦点を当てた新しいコンテンツを取り上げます。ファイナルファンタジー7リメイクのコアゲームプレイと方向性が確立されたので、野村はそれを浜口に任せると言いましたが、ファイナルファンタジー7リメイクに関するすべてのことについてはまだ最終決定権を持っているようです。

FF7リメイクの共同ディレクターとしての仕事を獲得する前に、浜口はライトニングリターンズ、ファイナルファンタジー12、13、および14に取り組んできました。いずれにせよ、プロジェクトでの野村の役割の変更に実際的な変更があるかどうかは不明です。リメイクの方向に。

また、インタビューの中で、野村は、拡張されたファイナルファンタジー7コンピレーション、特にダージュオブケルベロスのウィスからキャラクターを追加しているように見えるインターグレードトレーラーについて話します。これについて、野村氏は「ワイス氏と同様、詳しい情報をお待ちください」と口を閉ざしたままだった。

PlayStationの State ofPlayの放送中に発表されたすべての情報をここで確認してください。

また読む  アウトライダーのレビュー:「楽しく、口が悪く、端が荒い」