"Destiny (画像クレジット:Bungie)

バンジーは、2025年に発売を予定している「運命と並行した新しい秘密の世界」を準備しています。

日本のサイト4gamer(TwitterでDestinyNewsが発見)と話して、デザインディレクターのジェイコブ・ベントンは、バンジーのひどくからかわれた、Destiny以外の計画についてコメントしました。彼の回答は日本語で書かれていますが、2つの翻訳ツールと私自身の限られた日本語は次のように同意します。「現時点ではこれ以上お話しすることはできませんが、私たちのチームはDestinyと並行して新しい秘密の世界に取り組んでいます。そして私たちは2025年にしっかりと焦点を合わせています。」

Bungieが新しいIPについて議論したのはこれが初めてではなく、2025年が到来したのも初めてではありません。 2019年9月、BungieのCEOであるPete Parsonsは、2025年までに「Destinyを変革し、市場内に他のフランチャイズがあることを確認する」計画について言及しました。 :シャドウキープ。

スタジオはまた、求人応募を通じて新しいIPについて話し合った。昨年、Bungieでのインキュベーションプロジェクトのいくつかのリストでは、「気さくで気まぐれなキャラクターが登場するコメディー」について説明し、「消耗品、武器、ダメージ、特典」と「クエスト、武器、鎧、装備の経済、進歩、報酬。」それがDestiny2のように聞こえると思うなら、あなたは正しいでしょう。バンジーはある種の別のマルチプレイヤーRPGに取り組んでいるようです。

その後、このIPに関連する多くのポジションが埋められましたが、これらの記述子の多くは、スタジオの求人で引き続き使用されています。インキュベーションアソシエイトツールエンジニアの比較的新しいリストでも、「Bungieが次の永続的なゲームIPを作成するのを支援する」ように求められているため、これは明らかに小さなプロジェクトではありません。

"Destiny2魔女の女王"

(画像クレジット:Bungie)

2025年は、BungieがDestiny 2のロードマップを更新したことを考えると、さらに重要になりました。以前は、昨年11月のDestiny 2:Beyond Lightは、2023年までゲームを実行する3つの拡張パックの最初のものとして位置付けられていました。その三部作の拡張は、現在2022年初頭に延期され、ライトフォール後の2024年に4回目の拡張が行われ、Destiny2の将来は拡張されました。

この更新された4つの拡張ロードマップは、Destiny 2から2025までの「光と闇」のストーリーアークを終了しますが、ゲーム自体の終わりではありません。ベントンは4gamerとのチャットでこれを強調し、バンジーはゲームの現在のストーリーアークを超えた計画を持っており、Destiny3で物事をリセットするつもりはないことを確認しました。これは副社長のマークノーズワーシーからの以前のコメントと一致します。 Destiny 2でやり直すことは、プレイヤーにとっても開発者にとっても大きな問題であると認めた人。

要約すると、Destiny 2は長い間どこにも行きませんが、Bungieは今後数年で独立した開発者および発行者としての足跡を拡大し、2025年に計画されているように見える新しいIPでそのプロセスを開始することを計画しています。もちろん、世界の現状とゲーム開発の予測不可能な性質を考えると、今日与えられたリリース日はせいぜい推定値にすぎないので、このインキュベーションプロジェクトが2026年以降にずれても驚かないでください。

Bungieの成長について言えば、最近 Bungieconの商標を提出しました

また読む  新しいGenshinImpactアップデートはあなたを自爆させることができますが、修正が予定されています