コールオブデューティ:ヴァンガードPS5バージョンはアルファメニューによると120Hzを誇っています

"コールオブデューティ:ヴァンガード" (画像クレジット:Activision)

コールオブデューティ:ヴァンガードはPS5で120Hzをサポートします、シューターのアルファ版が明らかにしました。

今日の少し前に、今週後半にCall of Duty:Vanguard PlayStationalphaがあることが明らかになりました。すぐ下のCharlieIntelからのツイートによると、すでにPS5にアルファ版をロードできます。ゲーム内の設定メニューから、VanguardがPS5で120Hzをサポートすることがわかりました。

PlayStationのVanguardAlphaの設定の一部。タクティカルスプリントが戻ってきます。武器の取り付け;マントル。現在利用可能なFOVスライダーはありませんが、ゲームはPS5では120Hzで実行されます。 pic.twitter.com/Ekp5YHtJ3p2021年8月23日

続きを見る

もちろん、120hzをサポートできるテレビをお探しの場合は、最高の120hz 4Kテレビガイドと、PS5に最適なテレビと思われるモデルを確認してください。

ヴァンガードの設定では、ゲームがPS5コンソールの視野スライダーをサポートしないことも明らかになっているため、それだけではありません。さらに、戦術スプリント能力は過去のCall of Dutyゲームから戻り、武器の取り付けとマントリングもSledgehammerの新しいゲームに含まれます。

ただし、これらの設定はVanguardのアルファにのみ関係することを覚えておく価値があります。最終的なゲームが今年後半に発売されるときに、PS5バージョン用のFOVスライダーを備えている可能性は十分にあります。さらに、これらの設定はPS5バージョンのVanguard専用であるため、たとえば、SledgehammerのゲームはXbox SeriesXで120Hzを十分にサポートできることに注意してください。

ただし、現時点では、今週後半の8月27日にPS4およびPS5プレーヤー向けのアルファセッションが公開されるときに、ヴァンガードを取り巻く詳細を確認する必要があります。ただし、アルファは8月まで数日間しか存続しません。 29、来月、PlayStationプレーヤーが9月10日からVanguardベータ版にアクセスできるようになると、アクションに参加する他のチャンスがあります。言い換えれば、今後3日以内にSledgehammerのゲームの詳細をたくさん聞いて見ることができます。数週間。

Call of Dutyの出版社が現在直面している法的手続きについて知っておく必要があるすべてのことについては、 ActivisionBlizzard訴訟の説明ガイドで詳細を確認できます。 / em>

また読む  PlayStationはSonyAIと協力して、より豊かなゲームプレイ体験を生み出しています