コールオブデューティ:ヴァンガードはPS5 DualSense機能を使用して、すべての銃の感覚を変えます

"コールオブデューティ:ヴァンガード" (画像クレジット:Activision)

コールオブデューティ:ヴァンガードは、PS5DualSenseコントローラーの機能を使用して「実世界の武器のトリガー重量をシミュレートする」ことを目指しています。

PlayStationの新しいブログ投稿で、開発者SledgehammerGamesの主任エンジニアであるChrisFowlerが、トリガープルのさまざまな段階について説明しています。それらの中で最も重要なのは、トリガーに「適切な量の圧力が加えられたときにショットが発射されるポイント」である「ブレーク」です。

そこでSledgehammerは、DualSenseの適応トリガーを使用して「さまざまな程度のフィードバックを適用し、トリガーに重みを感じさせる」ことに力を注いでいます。さまざまな武器がさまざまな方法でそのフィードバックを適用し、「それぞれのトリガーの重みをより正確に把握します」。つまり、ボルトアクションライフルを発射するときは緊張感があり、LMGを使用するときは、SMGを手にしたときよりもはるかにパンチがあります。

DualSense機能は、スコープの動作方法にも適用されます。つまり、「使用しているものに基づいて、ダウンサイトの速度とL2トリガーの重量が変化します」。あなたがあなたの武器に持っているアタッチメントでさえ、照準を向けるのがどのように感じるかに影響を与える可能性があります。

触覚フィードバックも役割を果たします。ファウラーは、敵の火があなたのカバーを破壊している場合、あなたはあなたの周りを飛んでいる破片の衝撃を感じるでしょうが、ドイツ空軍の爆撃はあなたに「激しい爆発の音を感じる」と説明します。

Call ofDutyがDualSenseの適応トリガーと触覚フィードバックを利用したのはこれが初めてではありません-BlackOps Cold Warは昨年同様の機能を提供しました-しかし、Activisionが以前の提供を拡張しようとしているのは興味深いことです。

コールオブデューティヴァンガードのベータタイム | コールオブデューティヴァンガードガン | ウォーゾーンパシフィックマップ | コールオブデューティヴァンガードベータクロスプレイ | コールオブデューティヴァンガードの弾薬タイプ

また読む  バンジーは2025年に予定されている「運命と並行した新しい秘密の世界」に取り組んでいます