コールオブデューティ:ヴァンガードはコンソールにフルファットFOVスライダーを備えています

"コールオブデューティヴァンガードマルチプレイヤー" (画像クレジット:Activision)

コールオブデューティ:ヴァンガードFOV調整は、PCだけでなくコンソールでも利用できます。

11.5.21pic.twitter.com/YcyDeS8yVRS2021年9月7日

続きを見る

開発者SledgehammerGamesのシニア開発ディレクターであるAdamIscoveが、Vanguardのグラフィック設定のスクリーンショットをTwitterで共有しました。際立っているのはFOVスライダーで、60から始まり、120まで実行され、ビューの境界を劇的に拡張します。リツイートで、コミュニティストラテジストのSam Leichtamerは、このスライダーがコンソールで利用可能になることを確認しました。彼女はどのコンソールを指定していませんが、Sledgehammerに深刻な問題がない限り、現時点ではPS5とXbox SeriesXのみを想定する必要があります。内部の魔法。

PCゲーマーは、最新のゲームでFOVスライダーが省略されているのを見て心配する必要はありませんが、視野を調整できるコンソールゲームはほとんどありません。幸いなことに、PS5とXboxシリーズXの発売のおかげで、ある種のFOV設定を含むコンソールゲームが増えており、フレームレートや解像度を低下させることなく、より高いFOVを実現できます。次のCallof Dutyが搭載され、デフォルトよりもかなりのFOV拡張の余地があるのを見るのは心強いです。

FOVオプションの台頭は、このコンソール世代の最大のメリットの1つになりつつあり、Vanguardには他にもいくつかのベルやホイッスルがあるようです。 Iscoveが共有したスクリーンショットには、ワールドと武器のモーションブラー、被写界深度(視野と関係があります)、調整可能なオンデマンドテクスチャストリーミングも含まれています。これらのオプションやその他のオプションによって、誰もが自分の好み、画面、眼球に最適なエクスペリエンスを見つけられるようになることを願っています。

ゲームのより重いガンプレイの詳細については、コールオブデューティヴァンガードマルチプレイヤーハンズオンプレビューをご覧ください。

また読む  北欧の見出しは、独自のショーケースでE3 2022の空白を埋めるためにプッシュします