"ワンダヴィジョンエピソード9" (画像クレジット:マーベル/ディズニー)

ワンダヴィジョンでアグネス/アガサハークネスを演じたキャスリンハーンは、彼女が自分の役割を再演したいと思っていることを明らかにしました。

ニューヨークタイムズから彼女が戻ってくるかどうか尋ねられたとき、ハーンは「私にはわからない。彼らはそれを本当にきつくしている」と答えた。それから彼女はコメントしました:「私はそれを味わったので、私は、ああのようです。私は本当にそれを本当に愛しています。」

アグネスは最初はおせっかいな隣人のように見えましたが、強力な(そして邪悪な)魔女アガサハークネスとしての彼女の本当のアイデンティティが最終的に明らかになりました-隠された詳細が彼女の最初の出現から彼女の本当のアイデンティティをからかいました。彼女は、フィナーレの対決でついに緋色の魔女になったワンダに深刻な挑戦をもたらしました。

アガサはおそらくこれまでのMCUで明らかになった最も独創的な悪役の賞を受賞しますが、キャッチーな曲「アガサオールアロング」で私たちとワンダの目から羊毛を引き出します。ハーンは、ショーのホームコメディの側面がどれほど楽しいかについて話し合いながら、このシーケンスの撮影について少し話しました。「そのように手放すことができてとても楽しかったです。すべてのエピソードの終わりに、私たちは少し余分に撮影しようとしましたその一部は主題歌のためのものです。だから私はカメラで直接演奏することができ、それはいつも私たちをとても笑わせるでしょう。」ハーンは、アガサが主題歌を手に入れることを最初から知っていて、それを歌って喜んでいると付け加えた。

ワンダによって隣人のペルソナに戻ったアガサの運命について、ハーンは次のようにコメントしています。とても寂しい、とても長い間、彼女は交際が大好きです–郵便配達員、ラルフ、ドッティが大好きです。今のところ、コルセットを緩めて座ってマフィンとラテを飲んでも大丈夫だと思います。」

ハーンと彼女の歌のスキルは確かにワンダヴィジョンに驚くべきひねりをもたらしたので、アガサもいつか戻ってくることを願っています-おそらく彼女の漫画の相手のように、ワンダのメンターとしてさえ。

マーベルの次の外出は、今年3月19日に初演されるファルコンとウィンターソルジャーです。それまでは、マーベルフェーズ4について知っていることをすべてチェックして、ディズニープラスのお得な情報を見つけてください。

また読む  コブラカイ俳優がシーズン3の前にシーズン2の謎への答えを明らかにします。